和方養生技術伝承塾~鍼灸・操体実践講座~ 急性期から慢性期まで患者さんが喜ぶ技術を伝承します

うつ伏せから肘揉み

はじめに †
・操体をいろいろな技法と組み合わせることもできますし、組み合わせることで
 効果が出やすくなることも多いです。また、より深く操体を理解できます。

・今回は、肘もみとの併用の1回目で、うつ伏せからです。
 肘もみは、効果的な技術ですが、消えつつあるので、ぜひ覚えてください。


基本的な手順 †

「姿勢を変えたくなったら、どんどん変えてかまいません」 †
  「ただ、ユックリ動いてください」と声をかけておく


.1.うつ伏せになってもらう→※0 †
  ・ラクなうつ伏せになり、首も手足もラクな格好になってもらう
(うつ伏せからの重さの操体)


.2.肘や拳骨を使って指圧按摩 †
1.患者さんの頭のほうに座り、拳固で肩まわりを指圧按摩→※1,8,9
2.患者さんの胴の横に座り、肘などで背腰足を指圧按摩→※2,3,4,8,9,10
   (施術中の操者の腰の負担が少なく、腰痛になりにくい)
i.肩甲間部から腰椎部まで肘から前腕で指圧按摩
a.肩甲間部から胸椎9あたりまでは患者さんの頭に近いほうの腕で
  .1.自分に近い側
  .2.自分に遠い側
b.胸椎10あたりからは患者さんの腰に近い腕で
  .1.自分に近い側
  .2.自分に遠い側
ii.腰椎部脊柱起立筋の外側(痞根、腰徹腹)を肘で指圧按摩
  .1.自分に近い側
  .2.自分に遠い側
iii.肘の先で臀部の環跳、臀央などを指圧按摩
iv.肘・拳骨・2指骨空で近い側の大腿、下腿の太陽から陽明を指圧按摩→※5
v.親指などで、反対側の大腿、下腿の陰経を指圧按摩→※6
3.反対側に移り、臀部、大腿、下腿の肘などによる指圧按摩
i.肘の先で臀部の環跳、臀央などを指圧按摩
ii.肘・拳骨・2指骨空で近い側の大腿、下腿の太陽から陽明を指圧按摩
iii.親指などで、反対側の大腿、下腿の陰経を指圧按摩
4.背骨を調べ整える
i.上から順に華陀経、1,2,3行線の順で左右同時に押してチェック→※7
ii.左右差があれば整える
5.うつ伏せの定番操体
i.腕の持ち上げなど上半身の定番操体
ii.尻たたき、膝たおし、足首捻転など下半身の定番操体
6.足裏の指圧、足の指揉み
7.仰向け座位などに移る
•※.途中で姿勢が変わったら、その姿勢に合わせて動きや皮膚の操体をする!

注意点 †
※0.実際の手順は、「仰向け→うつ伏せ→座位」ですが
   肘を多用するのがうつ伏せなので、うつ伏せから練習します。

※1.拳骨での指圧:拳骨を作り四指の骨空を使い指圧

※2.肘~前腕の指圧:肘~前腕の小指側をあて、ゆっくり体重をかけていく
  .1.前腕を立てて肘先だけあてると、1点に力が集まる(寫)
  .2.前腕を寝かすと、幅広く圧がかかる(補)

※3.肘から前腕での按摩:肘から前腕での指圧から手首をふる
   ※.蠅を追いはらう感じで、手首をふるのがコツ
   (こまかい連続瞬間脱力になる、一揉み=動診→タワメ→瞬間脱力)

※4.肘から前腕での瞬間脱力(連続して瞬間脱力も可能)
  .1.体重をかけたあとに、瞬間脱力
  .2.下腹をふくらませ力をこめたあと、フッとおなかの力を抜くのがコツ
  ※1.なかなか緩まないシコりが緩みやすい
  ※2.指圧の衝圧法よりも患者さんの負担が少なく、失敗しにくい

※5.2指骨空での指圧
  .1.拳骨から親指関節を2指の爪の根本にあて、2指の骨空をつきだす
  .2.つきだした2指骨空で指圧

※6.親指での指圧
  .1.拳骨を作り親指を伸ばし、親指関節を人指し指の手甲に近い関節で保護
  ※.親指を痛めにくい指圧ができる

※7.背中の左右同時押し
  .1.受け手の体が押し返してくる圧力が左右同じになるように押すのがコツ
  .2.押し返し圧が左右同じ状態をしばらく維持してから瞬間脱力すると整う

※8.按摩のリズムは連続瞬間脱力、一揉み一揉みは「動診→タワメ→瞬間脱力」
 1期1回目の「指揉み」を復習しておく    (↑揉みを操体的に考えると)

※9.指圧按摩してる所を縮ませる操体を併用すると、奥まで力がはいり緩みやすい
  例1.肩甲間部 :指圧按摩している側の肘の持ち上げ操体を併用
  例2.腰から臀部:指圧按摩している側の大腿を反らす(持ち上げる)操体を併用
  例3.腰部外側端:指圧按摩している側にうつ伏せ膝たおしの操体を併用

※10.虚しているところに皮膚操体、まわりの実に寫の指圧は、とても効果的
  例1.座骨神経痛:尻中央に皮膚、大腿下腿の太陽~少陽に寫の指圧
         (↑ペコペコしているところ)

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional